シンプルな花暮らし vol.9 カーネーション

最終更新: 5月7日





子供の日も終わって、暦の上ではもう『立夏』。

5月は色々テーマにしたい花がありますが、まずはカーネーションからです。

この時期カーネーションは、フローリストさんはいやというほど使う季節です。

私もフローリスト時代は、右から左に流れていくカーネーション をゆっくり楽しむ暇がなかったですが、今はカーネーションの香りっていいものだな、と楽しむ時間もできました。

カーネーションは大体、こんな風に季節のバラと合わせて、アレンジやブーケといったギフト使用になります。中間色など色のバリエーションもすごく増えたので他の花と合わせやすくなりました。

しかし、デザイン性が乏しい。バラと同じで、丸っこい花形を上から見せるような、詰まったデザインとなってしまいます。ギフト使用だと持ち運びのことなどから、そうならざるおえないです。

ですから、茎を見せたデザインでインテリアとして楽しめるものができないかなあ、といつも考えていました。

これは、昨年お稽古で使った花材を使って、花瓶にいけ替えたものです。

オクラレウカ、ビバーナム、スプレーバラ 、スプレーカーネーション(赤)。

『スプレーカーネーション赤、どうするの〜』って思ってましたが、入れてみると意外と収まりもよく、赤がポイント、トリコロールで爽やかでいいじゃないでしょうか。

これは、今年作ってみた作品。

あえて、白やグリーンを使ってモダンに仕上げました。庭のハニーサックルの蔓を添えて。

他にも色々試してみましたので、instagramで後ほどご覧ください。

茎を使う場合は、『線と塊』でデザインするのがポイントです。

そして、長く楽しんだ後は、このように短く。

市場に出ているものは、コロンビアなどからの輸入のものと国産のカーネーションがあります。私は、母の日前の4月末の国産のカーネーションが好きです。

というのもしっかりしていて1週間は楽しめますから。


今年は、配送業者さんも大変になりますので、『5月が母の日』ということで、分散を呼びかけています。とてもいいことだと思います。毎年そうなってもいいような。

私は、もうカーネーションでないですが(笑)、蘭の鉢を贈りました。


さてさて、近況報告。

自粛期間延長となりましたが、感染者数も減少傾向にあり、少し出口が見えて来たような気がします。気分は凹む毎日ですが、時間は着実に進んでいますので、それぞれできることをやって、あとは信じて待ちましょう。


今後のワークショップやお稽古については、オンラインではやりませんが、今後の方針を只今考え中ですので、暫くお待ちくださいませ。


さて、この一ヶ月でコーヒーや飲み物を自宅で楽しむ機会が増えて、マグカップ類を増やしました。カップを替えるだけでも気分が変ります。

コーヒー豆も御近所さんから調達していましたが、流石に我慢ができなくて、鎌倉のディモンシュさんからコーヒー豆をオーダーし、今いただいております。やはり香りが素晴らしい!


やはり、stay home が終わったら、何がしたい、って考えたら、色々あるけどまずは『美味しいもの』が食べたいです。食ってやっぱり強いなあ。と思います。

余裕ができましたら、また皆様、お花でも飾ってくださいね。


それでは、皆様、引き続き健やかに毎日をお過ごしくださいませ。

 © 2020 by Shoko Kondo, Kisetsukajin  All Rights Reserved.

  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon
  • グレーTwitterのアイコン