シンプルな花暮らし vol.4 モノクロフィルム×春の花


今日は、写真のお話です。

Instagrmの @Kisetsu_kajin では、花を被写体にしたデジタルカラーの写真を投稿しています。

こちらのモノクロフィルム撮影のものは、 @inn_ei の方で投稿しているものです。


50年以上前のLeica M4(フィルムカメラ)を3年前に手に入れてから、暫くはストリートスナップを撮っていました。流石にオールドレンズの解像度は、繊細な花には向かないだろうと避けてましたが、意外と撮ってみるとカラーにはない、素敵な感じのものも撮れ始め、ここ1年位は、デジタルと並行して同じ被写体を撮って実験しています。

昨年、若干時代の新しい(と言っても1980年代)のNikonF2のフィルムカメラ+マクロレンズも手に入れ、ここまでクリスマスローズの雌しべまでしっかり撮れるようになりました。

花弁の落ち始めたポピー。

色々撮っているうちに、花弁の薄い、白っぽい花がどうやら向いていることに気が付く。

この桜はもう葉桜。

ガラスの透け感もフィルム写真で撮ると階調が豊かに表現されるような気がします。と言ってもこれはデジタルスキャンなのでよく分かりませんが、これはプリントした時、発揮されます。そろそろ暗室に行きたくなってきました。

ラッパ水仙。小さなラッパの音が聞こえそう。


2月から引き続き、混沌とした世の中で、イベントも中止にしましたので、家にいることが多くなりました。

カーテンを洗ったり、インテリアを替えたり。

散歩中に花を見つけては、花をいけて。

まあ、このスローな生活も悪くはないかと。

こんな時、自分に出来ることはそうないのです。

だから静かに淡々といつも通りにできることをする。


いよいよ、桜開花ですね。さあ、カメラを持って外に出ましょう。

 © 2020 by Shoko Kondo, Kisetsukajin  All Rights Reserved.

  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon
  • グレーTwitterのアイコン